banner

解決法

会社設立で何をするかわからないときの解決法

サラリーマンとして一定の実績のある人や、個人事業主として営業してきた人の場合には、起業したいという希望を持っている人もいるでしょう。起業したいと考えているときには、株式会社の設立に関して興味を持っている人が多いと想像できますが、初めて会社設立をするとなると、何をすることが正しいのか把握できてないということも多いと思います。

会社設立を行うためには自力で手続きを済ませる方法と、代行業者に依頼をして手続きを行ってもらう方法があります。会社を設立するためには資本金以外にも費用がかかることになり、登記手続きなどで25万円ほどが必要になります。定款に貼付する収入印紙代は4万円かかりますが、電子定款の方法を選択することでこの費用を支払わなくても済むようにできます。

定款の認証時における公証人に支払う手数料が5万円、登記手続きの定款の謄本手数料が2000円、登記の登録免許税に最低でも15万円が必要です。自分で設立の手続きを行うためには、設立の準備を整えなければならず、商号や事業目的、本店の所在地などの設立項目を決定します。会社には基本ルールをまとめている書面として定款を作成して、株式の譲渡やトラブルの対応方法などについて事前に明記しておくべきことを記載します。

定款の作成業務が完成したら、公証役場に行って定款の認証をしてもらいます。定款の作成が完了すれば、会社設立の登記手続きを行うことになります。登記の手続きを行う方法としては、法務局に行って申請をする方法の他に郵送やオンラインによって行う方法も用意されています。登記をするためには、定款の他にも様々な書類を準備しておかばければなりませんので、確認しておくことがおすすめです。

登記を済ませた後には労働基準監督署や都道府県に対して、各種の届け出の書類を提出します。法人設立届出書や青色申告の承認申請書、労働保険保険関係成立届などの書類の届け出を行います。

自力で会社設立の手続きが難しいと感じるときには、代行業者に依頼することがおすすめです。代行業者としては税理士や公認会計士、行政書士、司法書士などの法律家に依頼することが可能で、自分で何をする必要があるのかわからないときに、アドバイスを求めることもできます。

法律の専門家に設立の手続きを依頼しておくと、専門的な書類の提出を任せることが可能になりますので、税理士であれば税務についてのアドバイスや、公認会計士であれば経営のコンサルティングに関しても依頼できるなどのメリットがあります。”

Copyright(c) 会社設立を考えている方。絶対使うべき設立代行とは All Rights Reserved.